本文へスキップ

株式会社エヌエスイーはアグリソーラー(営農型太陽光発電システム)を専門とする再生可能エネルギー商社です。

TEL. 03-3305-0811

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6丁目28番14号

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

                  
2020年1月7日
明けましておめでとうございます。本年も、お客様、ご関係者各位殿、何卒、ご高配、お引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。尚、物件紹介等を更新致しました。
2019年12月26日
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)迄年末年始長期休暇とさせて頂きます。本年は、お客様、関係各位殿におかれましては誠に有難うございました。来年も、より一層のご高配、お引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。
2019年12月20日
物件紹介等を更新致しました。高反響で、既に売却済の場合は、ご容赦下さい。
2019年10月15日
物件紹介等を更新致しました。高反響で、既に売却済の場合は、ご容赦下さい。
2019年9月15日
お陰様で、約136物件をご紹介掲載し、約1月半で殆ど売却済で、更に新物件も加え、物件紹介等を更新致しました。大反響ですので、ご興味あれば、お早目のご連絡をご推奨申し上げます。
2019年7月31日
物件情報等のデザインを更新致しました。尚、物件紹介等(営農型アグリ及び非営農型野立て)も多数追加及び更新されてますので、物件紹介等」をぜひ、ご覧になって下さい。
2019年7月8日
サーバー移管完了致しましたので、ホームージを再開致します。尚、物件紹介等(営農型アグリ及び非営農型野立て)も多数追加及び更新されてますので、物件紹介等」をぜひ、ご覧になって下さい。
2019年7月1日
サーバー移管の為、数日中に、数日間ホームページが見れない期間が発生致します。ご迷惑をおかけ致し申し訳ございませんが、しばらくお待ちください。
2019年6月1日
ホームページの物件紹介等(営農型アグリ及び非営農型野立て)多数追加致しました。物件紹介等」をご覧になって下さい。
2019年4月27日
物件紹介等及び会社概要等を新たに野立等追加更新致しました。主に、物件紹介等」をご覧になって下さい。
2019年4月26日
4月28日~5月6日迄の日曜及び祝日をGWとして長期連休とさせて頂きます。
2019年3月23日
ホームページの物件紹介等及び会社概要等を更新致しました。主に、物件紹介等」をご覧になって下さい。
2018年12月23日
ホームページを更新致しました。前回掲載物件は、おかげさまで、完売致しました。新たに高FIT等の良質な物件を掲載。先着順受付となっています。詳しくは「物件紹介等」をご覧になって下さい。
2018年11月3日
ホームページを更新致しました。高FIT等の良質な物件が先着順受付となっています。詳しくは「物件紹介等」をご覧になって下さい。
2018年8月1日
ハウスソーラーシステム開発新発売(ビニールハウス付きの太陽光発電システム)。       
2018年7月9日
経済産業省より「水没した太陽電池設備による感電防止についてのお願い」(周知)が掲載されました。
2018年5月15日
農林水産省より「営農型発電設備の設置に係る農地転用等の取扱いについて」の記者発表が掲載されました。
平成30年5月15日農村振興局長公布・同日施行の「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取り扱いについて」30農振第78号が資料1-2として公開されました。
2017年9月1日
2017年8月31日より、既存の発電設備へ旧売電価格では追加でパネルを増設することができなくなりました。
平成29年8月31日公布・施行のFIT法施行規則・告示改正のポイント
エネ庁の【改正のポイント】に以下の回答がありました!
Q. 
過積載は、今後は禁止ですか?
A. 過積載にはメリットもあるので、禁止にはしません。新規の認定申請時に過積載状態で申請をしても認定を取得することができます。ただし、認定取得後に事後的にパネルを増設する場合は、価格を変更して事業を継続していただくことになります。
2016年月20日
ホームページを更新しました。
2016年5月7日
山梨県の農家様に朗報。
山梨県民信用組合で「アグリソーラー・ローン」が登場しました。
2016年4月4日
2016年度より、アグリソーラーへの参入要件が緩和されました。
農業専従者や農地所有適格法人(農業生産法人)ではない、一般企業の参入が可能になりました。
詳細はお問い合わせください。
2016年1月10日
営農型太陽光発電のガイドラインが改正されました。
※8割ルールが撤去要件から外れました。
※一時転用期間中に収穫が見込まれない果樹などにおいても、栽培管理や各年における生育段階を報告することによって、栽培を可とする方針が決定しました。

サポート情報(FAQ)

一時転用申請関連

Q.一時転用の手続きはどうなりますか?

A.弊社では、一時転用申請から許可の取得まで、責任をもって確実に行います。特殊な申請図面や日照データ、意見書なども弊社が準備を行いますので、ご安心ください。

Q.一時転用申請はどのくらいの費用と時間がかかりますか?

A.費用については規模や耕作物、構造によって違いがありますが、一般的な永久農転申請と比べても、特に高額なことはありません。期間については自治体にもよりますが、3か月から半年程度を目安と考えてください。詳しくはお問い合わせください。

Q.太陽光システムの販売会社ですが、一時転用申請業務だけをお願いすることはできますか?

A.はい、大丈夫です。申請のみの場合は(社)全国アグリソーラー協会とのご契約になりますが、弊社が責任をもってご紹介をいたします。


製品関連

Q.アグリソーラーのパネルは特殊で高額だと聞きましたが・・・?

A.そのようなことはございません。一般的なすべてのパネルが使用出来ますのでご相談ください。

Q.架台を購入して、自身で施工できますか?

A.施工は基本的には弊社または専門の業者様にて行ってください。一時転用の申請の際に基礎の位置や架台の構造など、細かく規定が行われ、それに基づいた厳密な工事が要求されます。寸法の違いや誤差が再申請や変更申請を必要とする場合があります。

Q.アグリソーラーの架台はアルミと単管とどちらがいいですか?

A.アルミ製架台や単管はそれぞれに利点があり、営農の条件によって適性が変わります。アルミは比較的ローコストですが、構造の改良や変更がききません。これに対し単管は、こまめな構造の変更や補修・交換が安価に手早く行えるという利点があります。
このため、比較的作業が少なく、多年にわたって同一の品目を植える圃場ではアルミ製が好まれます。また、連作を嫌う作物を年ごとに植え替えるなど、営農状態に変化がある圃場は単管が好まれます。

Q.単管で施工した場合20年ももちますか?

A.使用する単管は「ドブ付け」という、一般的な単管よりもさらに厚い亜鉛メッキを施した単管を用いますので、傷など破損さえなければ充分に持ちます。また、傷ついたり破損したものは、いつでもそこだけ簡単に交換することができますので、ご安心ください。


営農関連

Q.高齢なので20年間の耕作に自信がありませんが?

A.弊社では(社)全国アグリソーラー協会と連携し、営農指導や、農作業が難しい場合の営農代行までお手伝いさせていただくことができます。営農に負担が少ない作物を選択する方法もございます。詳しくはお問い合わせください。

Q.長い間耕作放棄地になっていますので、土地も痩せ、いまさら営農ができる土地とは思えません?

A.栽培する作物は米や野菜類だけでなく、果樹やポット栽培のグランドカバー類など、様々なものが可能です。土地の状態に合わせて営農可能なものの選択ができますのでご安心ください。



バナースペース

株式会社エヌエスイー

(本社)
157-0062
東京都世田谷区南烏山 6-28-14

TEL 03-3305-0811
FAX 03-5384-5030