本文へスキップ

株式会社エヌエスイーはアグリソーラー(営農型太陽光発電システム)を専門とする再生可能エネルギー商社です。

TEL. 03-3305-0811

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6丁目28番14号

会社方針CONCEPT

会社方針

 農地転用や耕作放棄が進行する農地においては、若者の農業離れや農業の後継者不足、TPP問題が大きくクローズアップされています。

 もちろん、あらゆる農地(農専地区)で耕作地の上空2.5m~3.5mに太陽光発電システムを設置し、その下の耕地で農作物を生産する 「アグリソーラー」の普及を図り、農業とエネルギー生産が経済活動の中で両立し、ダブルで利益を生む、強い農業の経営方法を確立することをめざしています。

 太陽光パネル下で農業生産を行うことで、
  ①エネルギー生産と農業をセットにした高収益農業の実現
  ②日本の農業生産の増大と食糧事情の安定化
  ③毎月の売電収入による安定した収入を組み込んだ近代農業(機械化・耕作者雇用)の実現
  ④突然の病気や交通事故等でも安心して療養
 が可能になります。

 条件の異なる個別農地でのアグリソーラーを実現するために、地域ごとに作物の選択、営農計画から始め、生産農家様とともに最適なシステムを構築していきます。


CEOメッセージ



 弊社がおすすめするアグリソーラー(営農型太陽光発電)は、畑や田などの農地に支柱を立てて太陽光発電システムを設置し、その下で作物を育てることができるようにするもので、2013年度に農林水産省によって実施ガイドラインが定められました。

 制度ができてまだ6年ですが、農業と発電事業を同じ土地で行う、一石二鳥の土地の使い方であり、新しい農業の形として注目されつつあります。
 ここで、作物は日光に当たることで育つため、当然ながら「日光をパネルで遮ってしまっては作物が育てられないのではないか」という疑問が出てくるかと思います。
 しかしこれに対しては、様々な研究や実験結果、さらには実際の収穫データから、太陽光パネルの配置の仕方によっては、作物の生育には影響が出ないばかりか、作物に影響していた直射日光の熱を適切に遮ることで、収穫量を大幅に増やすことができる可能性があることが立証されました。
 今、農家の方にとって、アグリソーラーはより身近なものへと発展しているのです。

   株式会社エヌエスイー
    代表取締役 
      


会社沿革

1993年4月
杉並区にて不動産の賃貸・コンサルタント会社を設立
2010年9月
農地での太陽光発電の可能性に着目。架台構造の研究開始。 本店移転。東京営業所開設。
2012年11月
太陽光発電パネル組立体(アグリソーラー架台)の実用新案出願 (2件)
2013年1月
実用新案登録1
2013年9*月
実用新案登録2
2013年6月
「営農型太陽光発電」の農水省ガイドラインを受け、一時転用申請コンサルタントを開始。
2014年3月
山梨県にてアグリソーラー第1号が完成。
2018年8月
ハウスソーラーシステム開発新発売(ビニールハウス付きの太陽光発電システム)。

バナースペース

株式会社エヌエスイー

(本社)
157-0062
東京都世田谷区南烏山 6-28-14

TEL 03-3305-0811
FAX 03-5384-5030